2007年3D積層砂型工法、2012年3D金属粉末積層工法いずれも国内初のサービスビューローを開設いたしました。40年にわたり蓄積した鋳造技術と三次元(3D)プリンター技術を融合させた試作・研究用開発部品の製造、販売拠点です。

試作事業

3Dプリンター、レーザー焼結積層砂型工法、インクジェットプリント積層砂型工法による鋳物製造

3Dプリンター砂型積層装置(5台導入)を用いて3Dデータからダイレクトに砂型を製造。マスター型を用いずに省資源、低コスト、超高速・高精度な鋳物造りにより、アルミニウム、鋳鉄、耐熱鋼など各種金属により車両、船舶、一般産業機械の試作・研究開発向け鋳物部品を年間600種類、10000点以上製造。積層砂型鋳物造りではアジア太平洋地域NO.1の実力を誇ります。

能力/月

15 ton

各種FC、FCD、鋳銅

材質・能力/月

5 ton

アルミニウム

材質・能力/月

30 ton

各種FC、FCD、鋳銅

AM事業

3Dプリンター、電子ビーム・レーザービーム金属粉末積層工法による金属部品製造

電子ビーム積層装置、レーザービーム積層装置(4台導入)により3Dデータからダイレクトに金属部品を製造。航空宇宙、医療用インプラント、車両用、一般産業機械向けに市場開拓中。その他、企業・大学・研究機関との共同研究が進行中。

材質:Al、Ti、Ti6Al4、Inconel、CoCr、SUS、マルエージング鋼、Cu 他

金属粉末積層工法(3Dプリンター)

Arcam A2X

Arcam Q20

EOSM 280

CONCEPT LASER M2

金属粉末積層工法(3Dプリンター)一覧を見る >

非破壊検査

CTスキャナによる非破壊検査受託撮影

レーザー形状測定装置による受託撮影

2004年開設、金型鋳造工法による鋳物製造、試作事業と連携し、短期間で量産鋳物の製造をいたします。特に金型と砂型を組み合わせた二重構造管など複雑な構造の鋳物部品を得意としております。

船舶エンジン用、インテークマニホルド、エキゾーストマニホルド、マフラー他、車両用ターボチャージャー、スーパーチャージャー、医療機械用鋳物その他の製造。開設以来、地元の新卒者を積極雇用、自社の後継者としてはもちろんの事、日本の鋳造業の担い手として技術者の育成に努めています。

水上バイク、船外機、自動車エンジン搭載 各種鋳物

材質・能力/月

60 ton

各種 アルミニウム

医療機器・その他産業用 各種鋳物

一番上に戻る↑

2011年、現地法人 Koiwai India Private Limited をインド・カルナータカ州 バンガロールに開設。

2016年6月、ラジャスタン州ニムラナ工業団地に工場建設用地取得。日本・インドのみならず、世界を舞台に戦える企業となるべく、インド工場開設に向けて準備中!

(金型鋳造、熱処理、機械加工他)

一番上に戻る↑

Copyright© 2003-

KOIWAI Co.,Ltd. All Rights reserved.